WEB動画の時代!短い再生時間で濃い情報を発信

従来の宣伝と違い制約が狭くない!

視覚的にたくさんの情報を発信できるのが、WEB動画で大きな利点です。紙などの媒体では、範囲・文字数など、いろんな制約が設けられます。それとは逆に、映像は制約は厳しくなく再生時間内に大量の情報を載せられます。では、WEB動画はどのような特性を持っているのかを見てみましょう。

他の媒体と比べるとここまで違う!WEB動画の特徴

  • 大量の情報を公開
  • ストーリー・構成が限られない
  • セリフ・演技をプラス
  • BGMもプラス
  • 自由にスキップ可能
  • スクロール操作可能
  • 動画再生停止可能
  • 顔を出さなくて良い
  • 公式HPやブログに載せられる

WEB動画の時代!短い再生時間で濃い情報を発信

フィルム

情報を濃く伝えられる

WEB動画は、他の媒体と比べると文章よりも多くの情報を発信できます。映像は、視覚的に情報を伝えるため、文章で説明すると難しい内容になる事象も、映像なら簡単に説明できるのが最大のメリットです。それに、見てわかるという特性を有しているので、多くの人を惹きつけやすいです。

絵コンテ

SEOにも強い!

動画共有サイトに作ったWEB動画をアップロードすれば、数多くの人に視聴してもらいやすいです。検索エンジン運営業者傘下の動画共有サイトなら、動画アップすれば上位表示に表示される確率が高まります。多くのネットユーザーに再生してもらい、幅広い人に動画を認知してもらうのに動画共有サイトを利用するのも有効な手段です。潜在顧客を多く獲得するために、WEB動画でオフィス・店舗のPRをしてみませんか。

カチンコ

顔を出さなくても良い!

ネットに顔を出せば、そのデータが一生ネット内で見れてしまうことから、WEB動画に写り込むのをためらう人もいるでしょう。確かに、ネットに顔を公開すれば、簡単に身元を明らかにされる可能性もありえます。ですが、WEB動画に置いて映像内に必ず顔を出さなければならない決まりはありません。顔を出さなくても、イラスト・映像デザインを駆使して訴求あるWEB動画を作ってアップロードできます。顔を出すリスクを最小限にして、効果的に自社をPR映像を作って共有サイトにアップし、集客・店舗知名度アップを図ってみましょう。

方法を選べばリスクは少ない!

WEB動画は、顔出しをしなくても問題ありません。オフィス内・店内の様子を撮影したり、イラスト・写真を動画に組み込んだりなど、方法はいくらでもあります。大切なのは訴求性があるかどうかです。オフィスや店舗のことを短い再生時間の中で色濃く発信してみましょう。

広告募集中