膝や腰の関節痛に困ったら【天然由来のdhcグルコサミン】

役割と食品

ドラッグ

オルニチンは、アミノ酸の1種です。人間は生きていく上でたんぱく質を摂取しないといけません。このたんぱく質の中に含まれているものがアミノ酸です。このアミノ酸の中に遊離アミノ酸があるのですが、その代表がオルニチンというわけです。このオルニチンは体内に摂取されると、肝臓の部位で非常に大きな働きをしてくれます。肝臓機能を正常に機能させたり、アンモニアの代謝を促進させることがその役割です。その役割のことはオルニチンリサイクルという名前で呼ばれています。肝臓は「生体工場」という名前でよばれることがあるように、人間の身体において非常に大きな役割を持っているのです。肝臓が悪くなると身体に悪影響を及ぼすので、オルニチンを摂取することは健康上大切なことです。

肝臓において重要な役割を果たすオルニチンですが、肝臓は人間が摂取した食べ物を分解して吸収してくれます。そうした機能だけでなく、アンモニアの解毒作用も行ってくれるのが肝臓です。たとえば、アンモニアが蓄積されると、脳も含めた身体に悪影響をもたらすことがあるのです。そのため、アンモニアの過剰蓄積を妨害してくれるのは嬉しい働きです。それでは、オルニチンが含まれる食品とはどのようなものかというと、最も体表的なものはシジミです。シジミのお味噌汁として毎朝食べることは非常に効き目があります。他にもヒラメなどの魚にも多分に含まれています。もちろん、食品として食べるのではなく、サプリメントとして摂取することも重要です。