膝や腰の関節痛に困ったら【天然由来のdhcグルコサミン】

がん細胞の増殖を防止

夫妻

自滅を促すことが可能

昨今では、がんの治療にフコイダンの健康食品が利用されるようになってきています。なぜならフコイダンを摂取することで、がん細胞の自滅を促すことができるからです。がん細胞は、本来は自滅することがありません。自滅に関するプログラムに異常が生じている状態なので、通常の細胞と異なり、衰えることなく増殖を続けていくのです。ところがフコイダンを摂取すると、がん細胞は通常の細胞と同じように、月日が経過することで衰えていきます。すると増殖をおこなうこともなくなるわけです。ただしがん細胞の量が多いと、その全てに影響を与えることが困難です。そのためそのような場合には、まずは手術など他の治療で、がん細胞の数を減らすことが必要となっています。がん細胞が減れば、フコイダンによって増殖を完全に抑えることも可能になるのです。

体への負担を少なく

がん治療に利用されているフコイダンは、医薬品ではなくあくまで健康食品です。食べ物ですから、基本的には副作用の心配がありません。つまり、安全にがん治療を進めていくことができるのです。手術の場合は、病巣を摘出することで、体の一部分が失われます。放射線治療の場合は、がん細胞を破壊することができますが、正常な細胞もその影響を受けます。どちらも非常に高い効果の期待できる治療方法ですが、その分体にはある程度の負担が与えられるのです。ところがフコイダンの健康食品を利用すれば、その負担を減らすことができます。手術の範囲を小さくしたり、放射線治療の期間を短くしたりして、体に残ったがん細胞をフコイダンに処理させるのです。負担が少ない方が体は回復しやすいので、フコイダンの健康食品は今後一層多くの医療機関で利用されることになると予想されています。