WEB動画作成の敷居は高くない!ターゲット設定が重要

WEB動画制作は敷居は高くない!

動画制作と聞くと、外部への依頼が必要だと思われがちです。しかし、WEB動画制作はコストは低めなので敷居は高くありません。よって、誰でも気軽に利用できるので動画での広告PRに参入しやすいのです。そこで、WEB動画制作は、内製と外注のどちらが良いのかを見てみましょう。

どっちが良い? WEB動画の作成方法

内製

動画作成は、特殊な機材がないとできない印象を抱くでしょう。しかし、近年ではあらゆる動画作成ソフト・ツールが存在します。中には、無料で使用できるものもあるので、動画作成の敷居はだいぶ低くなりました。予算を抑えてWEB動画を作成したいなら、ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。

外注

動画作成の編集技術がないなら、外注での制作も有効。その道のプロが、手早く品質が良いものを作ってくれるので手間がかかりません。一見、高額な費用がかかりそうな印象を抱くでしょう。簡単なものなら、5,000円前後とリーズナブルな費用で依頼を引き受けてくれます。

WEB動画作成の敷居は高くない!ターゲット設定が重要

ビデオカメラ

WEB動画は低コストで作成できる!

WEB動画は、低コストで作れるのがメリット。大手企業の中には、WEB動画での宣伝に切り替えたら広告宣伝費用が6割も削減できた例があります。広告宣伝でかかるコストを減らすのに、WEB動画は有効な広告宣伝手段であるのは間違いありません。

ビデオカメラ

WEB動画に適しているのは

WEB動画でのPR方法に切り替える場合、売り上げを増やすのを左右するのが企業名・取扱商品の認知度です。世間的に、十分認知されている企業・商品ならWEB動画に切り替えればターゲットが共感を得られやすいので、売り上げ増加が見込めます。逆に、認知度が低い企業・商品の場合はテレビCMの方が、多くの人に見てもらいやすいのです。テレビも、広く普及しているのと、リーチ力は今だ健在なので売り上げ増効果が見込めます。

ターゲット設定がミソ!

WEB動画は、具体的なイメージが伝えられるのと、SNSでも話題になりやすいですが、再生時間に限りがあるのはテレビCMと変わりありません。そのため、WEBサイト掲載と併用し、ユーザーに様々なメッセージを伝える内容の動画に仕上げるのがおすすめ。そのため、動画制作ではターゲット設定が重要です。それに沿って、企業・商品の魅力を深く伝える内容にすればターゲットから共感を得られやすくなります。

広告募集中